E-girls解散!メンバーが電撃発表!いつ?理由は?解散後は?

ダンス&ボーカルグループのE-girlsが、来年いっぱいでの解散を電撃発表!

突然の発表にファンから悲鳴が上がっています。

現在のメンバーは、SAYAKA、楓、藤井夏恋、YURINO、須田アンナ、鷲尾伶菜、坂東希、佐藤晴美、石井杏奈、山口乃々華、武部柚那さんの11名。

来年2月からのライブ「E-girls PERFECT LIVE 2011→2020」が最後のツアーとなるそうです。

発表の内容を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

E-girls解散!メンバーが電撃発表!いつまで?

E-girlsの解散は、本日22日に神奈川・トレッサ横浜で行われれた、ニューシングル「別世界」発売記念イベントの中で発表されました。

 

E-girlsは12月28日にデビュー8周年記念日を迎え、来年1月29日にシングル「別世界」をリリース。ツアーも決まっていました。

 

本日のイベントの冒頭にはE-girlsのこれまでの軌跡を振り返る映像が上映され、

2020年に活動に一区切りをつけてそれぞれの活動を行うこと、

2月から行われる約1年半ぶりのアリーナツアー「E-girls PERFECT LIVE 2011→2020」がラストツアーとなることが発表されると、

超満員の会場からはすさまじいどよめき、悲鳴が沸き起こったそうです。

SNSでもファンから「気持ちの整理がつかないよ」「お願い誰か嘘だと言って」など、驚きや解散を惜しむ声でいっぱいでした。

 

本日、E-girlsの公式サイトでも発表がありました。一部をご紹介します。

「2011年にE-girlsの活動がスタートし、私達がどんな状況にあろうと、いつもどんな時でも皆様が応援してくださったおかげで、夢にまで見た景色をたくさん見ることができました。
 
E-girlsは多くの出会いと別れを繰り返しながらも、メンバー同士で支え合い、そしてスタッフの皆さんと手を取り合い8年間頑張ってきました。
 
 でも、いつからかメンバーそれぞれの中で、人生の次なる目標や夢が芽生えるようになり、その想いをメンバー同士で何度も話し合ってきました。
全員が同じ気持ちになれず意見がすれ違うこともありましたが、長い時間をかけてメンバー全員でたくさん考え、今回の決断をさせていただきました。」

E-girlsオフィシャルサイトより引用

LDHが6年に1度行うエンターテインメントの祭典「LDH PERFECT YEAR2020」の一環として行われる「E-girls PERFECT LIVE 2011→2020」が、グループとしての最後のツアーになります。

 

スポンサーリンク

E-girls解散!メンバーが電撃発表!理由は?解散後は?

本日の発表では、メンバー9人を代表してリーダーの佐藤晴美さんが、

「今年の春ぐらいからE-girlsのこれからや未来を話し合う機会が何度かありまして、お互いの思いや方向性を伝え合ったときに、それぞれの道でがんばっていくという決断をさせていただきました」と解散を決めるまでの経緯を報告。

「2020年いっぱいはまだまだ活動も続きます。この1年でE-girlsを全うして、いただいた愛をしっかり返して行ける1年にできればと思います」と笑顔で語ったそうです。

そのほかのメンバーたちもそれぞれの思いをファンに語ったということです。

 

解散後のメンバーの活動については、本日の会場でも説明があったそうですがE-girlsの公式サイトの発表の中でもありました。

「佐藤晴美、坂東希、石井杏奈、山口乃々華はそれぞれ役者やモデルを、Happinessは新たに88risingとタッグを組み本格的に世界進出を目指し、武部柚那はアフロジャックが世界8都市で開催したオーディション合格メンバーと新たなユニットを結成、鷲尾伶菜はソロアーティストとしてデビューいたします。」

E-girlsオフィシャルサイトより引用

 

E-girlsは、2011年12月にシングル「Celebration!」でデビューし、2013年から紅白に4年連続で出場されています。

2017年6月にはAya、Ami、Shizuka、MIYUU、川本璃、藤井萩花、重留真波、中島美央さんの卒業を発表し、

新生E-girlsとして2017年7月にシングル「Love ☆ Queen」をリリース。

 

ファンとしてはまだまだ続けてほしいと思うのは当然ですし、突然の発表で気持ちの整理がつかないですよね。

メンバーも、続けたい気持ちや新しいことにチャレンジしたい気持ち、ファンへの思いなど、それぞれに悩み、長い時間をかけて話し合って決めたことだと思うので、新たなチャレンジを応援したいです。

これからやりたいこと、夢や希望があるのは素敵なことですよね。

 

スポンサーリンク

E-girls解散!ネットでの反響は?

ネットでも大きな反響がありました。E-girlsの解散については「実力があるのに生かせなかったことが残念」というコメントが多数でした。まだ1年あるので、この報道を機に注目されて魅力が伝わるといいですね。解散後の活動にも期待したいと思います。

「それぞれ、やりたい事があるなら、頑張って欲しい。」

「マネジメントの迷走なのでしょうね。LDHのもう少し攻めたプロデュースが有れば、また変わった道が開けたのかもしれないですけど・・・
稼げそうな男性グループに焦点を挙げたのかもしれません。
お疲れ様でした。」

 

「2017年6月、Aya、Ami、Shizuka、MIYUU、川本璃、藤井萩花、重留真波、中島美央の卒業を発表・・・・・この時点で解散した方が良かったのでは??」

 

「個人的LDHは男連中より女の子達の方が圧倒的にダンスの実力や魅せ方などのレベルが高いと思っている。
売れなかったのは彼女達の実力と言うより売り方が男連中のグループに比べて下手すぎたというかLDHが力をいれていなかったからだと思う。」

 

「知名度はないけど、LDHの中じゃ性別関わらず
固定ファンは多いと思う。

実力も坂道グループやアイドルなんかとは比べ物にならない」

 

「Amiの脱退で解散しとけば良かったのだろうけど、ダンスパフォーマンスは素晴らしかった。」

 

「AKBのようでもなく、TWICEのようでもない、E-girlsの方向性がもったいなかったな。体育会的なイメージって、アイドルとは違うし。」

 

「特にファンではなかったけれど、テレビでたまたま観るとダンスは上手いし、口パクじゃないし、自然と見入っていました。
ダンスは動きのタイミングもぴったりだし、手足を動かすときの角度や位置もぴったりで、「ダンスが上手い」と言われている韓国グループより遥かに上手いと感じました。
裏で努力や練習をいっぱい重ねて来たんでしょうね。お疲れ様でした。」

ヤフーコメントより引用

 

タイトルとURLをコピーしました