山手線駅 発車標変更 その数は?LCD化の駅名一覧もあります

JR東日本は10月15日、山手線の駅ホームにある案内表示を改めると発表しました(JR東日本ニュース)。

これまでは駅を発車する時刻が表示されていたのですが、今回の山手線駅 発車標変更により、

今後は列車が駅に到着するまでの時間を「約3分後」のように示すことで、列車到着までの時間がわかりやすくなるというものです。

また、発車標のLCD化についても駅名一覧が発表になりました。

さっそく内容を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

山手線駅 発車標変更 その数は?

山手線の駅ホームにある案内表示の変更は、山の手線駅全線の30駅で実施されます。
 
(2020年春開業予定の高輪ゲートウェイ駅を含みます)      
 
ただし、早朝・深夜時間帯は、従来の発車時刻「〇時〇分」の表示になるということです。  
 
 
今年11月から順次導入し、2020年7月までには全駅で実施されるとのことです。 
 
 
JR東日本によると 、山手線は最短約2分30秒の間隔で運行しており、発車より電車の待ち時間を知らせる方が、乗客に分かりやすくなると判断したとのことです。
 
「次の電車は○○駅(一つ手前)を発車しました」と表示する電光板があったけど、それの進化版ですね。
 
 
海外の地下鉄みたいですね
現在時刻を確認する必要がなく、いいですね
 
 

山手線駅 発車標変更 LED からLCD化へ:駅名一覧

JR東日本によると 、山手線をはじめとした東京支社管内の一部の駅において、ホーム上の発車標を従来のLED(発光ダイ オード)からLCD(液晶ディスプレイ)に変更するとのことです。
 
これにより、乗客からの見えやすさが向上するようですが、液晶の方が見えにくいという意見もあるようです。
 
 
こちらも2019年11月から順次導入し、2020年7月まで順次進めていくようです。 
 
実施箇所は東京支社管内の28駅で、他の駅に関しては順次実施するとのことです。
 

 
実施箇所
 
山手線 (16駅)
  • 池袋駅、目白駅、新大久保駅、新宿駅、代々木駅、 原宿駅、渋谷駅、恵比寿駅、目黒駅、五反田駅、 大崎駅、高輪ゲートウェイ駅 (高輪ゲートウェイ駅は 2020 年春開業予定)  
  駒込駅、巣鴨駅、 大塚駅、高田馬場駅 は既に実施済みの駅です。 
 
中央(快速)線 (2駅)
  • 神田駅、御茶ノ水駅 
 
中央・総武(各駅停車)線 (5駅)
  • 御茶ノ水駅、信濃町駅、代々木駅、新宿駅、中野駅
 
 京浜東北線 (6駅)
  • 大森駅、品川駅、高輪ゲートウェイ駅、田町駅、 東京駅 (高輪ゲートウェイ駅は 2020 年春開業予定) 
   蒲田駅 は既に実施済みの駅です。  
 
横須賀・総武(快速)線 (3駅)
  • 新橋駅、新日本橋駅、馬喰町  
 
スポンサーリンク

ホーム上における自動音声による英語案内放送の拡充も行われます 

記の2件と違い、山手線駅 発車標変更ではないのですが、

今日のJR東日本の発表では、2019年3月から東京支社管内の一部の駅において行われていた、ホーム上での自動音声による英語案内機能の強化について、

実施範囲を山手線全駅や中央(快速)線、中央・総武(各駅停車)線などの一部の駅に拡充するということです。

こちらも2020年7月まで順次進めていくようです。 


東京支社管内の47駅で実施されます。

山手線全駅 計30駅、中央(快速)線、中央・総武(各駅停車)線などの一部の駅 計17駅  

タイトルとURLをコピーしました