体育の日 最後 2020年からはスポーツの日に変更となります

「体育の日」が2019年で最後となり、2020年からは「スポーツの日」に変更になります。

さらに来年は特例として、東京オリンピックの開会式が開かれる7月24日がスポーツの日に指定されます。

今年は、令和初で令和最後の体育の日だったのですね。

スポンサーリンク

体育の日 最後:日にちの変更から名前の変更へ

1964年に開催された東京五輪の開会式である10月10日を記念に、1966年に「体育の日」が誕生しました。

10月10日となったのは、晴天に恵まれる確率が高い日付であったためのようです。


ニュースによると、東京で「体育の日」に1ミリ以上の雨が降った回数は1966年からの52年間でわずか9回とのこと。


1999年までは「体育の日」は10月10日だったのですが、2000年から10月第2月曜日が「体育の日」となりました。

ハッピーマンデー制度という、一部の祝日を月曜日に移動させるという制度の導入により、祝日とは関係のない日付に移動となりました。

 

2018年6月20日に「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」が公布されたことにより、2019年10月14日で「体育の日」は最後になり、2020年からは「スポーツの日」となります。

「体育の日」だけでなく、祝日がコロコロ変わってわかりずらいですね。

 

体育の日 最後:2020年からはスポーツの日に変更に。2020年のみ7月24日に!

体育の日を「スポーツの日」に変更する趣旨は、スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の現実を願うことだそうです。

学校教育としてのイメージの強い体育の言葉を用いないことを理由に改正されたようです。
 

2020年からは「スポーツの日」に変更されるのですが、特例として2020年は、オリンピック開催を円滑にする理由から、
 
「スポーツの日」が東京オリンピックの開会式が開かれる7月24日に移動になりました。
 
ややこしいですね。
 
 
ちなみに海の日は7月23日に、山の日は8月10日に移動することが決定していて、2020年は7月23日(木)~26日(日)が4連休。
 
8月は職場によっては長い夏休みになりそうです。
 
ただし、スポーツの日を7月に移動したため、2020年の10月には祝日がありません 。
 

体育の日は身体を動かそうよという感じになるが、スポーツの日だと競技の意味合いが強くて身体動かすことが希薄化するなあ  

 

ってか連休にしないで欲しい。1週間の真ん中とかに休みがある方が会社員としては嬉しいです 。

 

意味あって指定されてた祝日を、何でもかんでも月曜にして連休にするのはどうかと思う。休みが飛んでいても、その方が日常にメリハリがあっていいと思う。連休の方が旅行やレジャーに都合良く、消費拡大につながるからという理由だろうが、連休でなくても休む時は休むし。連休後は仕事に行きたくなーいという気持ちの人が多いと思う。

ヤフーコメントより引用

体育の日に限らず、ハッピーマンデー制度に関しては、批判的な意見がかなり多いようです。
 
そもそも、土日休みではない方もたくさんいらっしゃいますしね。
 
 
スポンサーリンク

体育の日 最後:2021年からは10月第2月曜日がスポーツの日に

2021年以降は、これまでの体育の日と同じ10月第2月曜日が「スポーツの日」となるそうです。
 
2021年は10月11日です。 
 
このニュースにはたくさんのコメントが寄せられているのですが、一部をご紹介したいと思います。
 
連休の最後の日じゃ最も運動から疎遠な祝日だよ。
連休の最後の日ってみんな明日に備えて自宅でゆっくりしたいですから。わざわざ疲れることをやる日じゃない。
 
 
たしかにそうですよね。
スポーツの日に運動したら、翌日は筋肉痛での仕事になりそうです・・・。
 
自分が小学校のとき国民の祝日の前日には、
担任の先生が祝日の由来を説明してくれました。
ただ単に、月曜日を休みにして連休にすれば良いというのは、
祝日の意味がないと思います。
 
 
すでになぜこの日が体育の日なのかという理由さえ関係無くなってるし(第2月曜とか日付が変動してる時点で)。
 
 
成人の日もあれもこれも、日か決まっててはじめて有り難みというかみんなが共有して祝える祝日だと思ってますが、毎年日が変わる。おかしなものです。
 
 
 
やはり、日付の変動に関しての意見が多いのですが、名前に関しても、変更する必要がないという意見が多くありました。
 
また、月曜日に休みが集中することで学校の時間割に支障をきたすという意見もありました。子供たちにしわ寄せが行ってしまうというのは、何とも言えません。
 
残念ながら、体育の日は最後になってしまいましたが、祝日を単にお休みとしてではなく、
 
日付や名前に関しても大切にされている方々の思いを感じました。
 
 
タイトルとURLをコピーしました