キッチンハイターでお風呂の床がピカピカに?おすすめの使い方!

キッチンハイターでお風呂の床がピカピカに?おすすめの使い方!生活

キッチンハイターはスプレータイプのものを使用し、お風呂の床にシュシュッと吹きかければ、床のタイルに発生したカビやピンク汚れをキレイに落とすことが出来るんですよ!

キッチンハイターって調理器具や食器や台ふきんなどの除菌と漂白に使う、というイメージが強いのですが、実はお風呂の床掃除にも使用することが出来るんです。

そこで今回は、キッチンハイターを使ってお風呂の床をキレイに掃除する方法を詳しくご紹介!

また、キッチンハイターをお風呂の床掃除に使う際の注意点も解説しますので、必ず覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク

キッチンハイターでお風呂の床のカビやピンク汚れが簡単に落ちる!

キッチンハイターは泡で出るスプレータイプのものを選び、お風呂の床のカビやピンク汚れに吹きかけておき、10分~15分ほど待ってから、よーくシャワーで洗い流せばOK!

お風呂の床って、知らぬ間に黒カビが生えていたり、ピンク色の汚れが付着していたりしますよね…。

ピンク汚れは、お風呂用の中性洗剤を使った場合でも比較的簡単に落とせるのですが、カビはなかなか落とすことが出来ません。

そこで、スプレータイプのキッチンハイターを使って、お風呂の床に生えたカビもピンク汚れも、そしてせっけんカスによるヌメリ汚れも一緒に落としていきましょう!

我が家でも床にカビやピンク汚れができてくると、スプレータイプのキッチンハイターを使って、それらの汚れをしっかり落とすようにしているんですよ。

すると本当に、カビとかピンク汚れとかヌメリとかもしっかり除去できるので、個人的にもすっごいおすすめ!

キッチンハイターってお風呂の床にも使えるので、やっぱりすごく便利なんですね!

ちなみにスプレータイプのキッチンハイターは、お風呂の床だけでなく実はなんと、お風呂場内のゴムパッキンに生えたカビ落としにも効果的ですよ!

  1. まずゴムパッキン部分にキッチンハイターをスプレー
  2. キッチンペーパーでその部分を覆い、更にその上からもう1回キッチンハイターをスプレー
  3. そして15分ほど置いてからキッチンペーパーを剥がし、シャワーですすぎ洗いをすればOK!

ゴムパッキン部分に生えたとても厄介な黒カビ汚れも、キッチンハイターをスプレーすることによって、キレイに除去できるので、ぜひお風呂掃除の時には試してみてくださいね。

スポンサーリンク

キッチンハイターはお風呂の水アカ汚れに効果ある?

キッチンハイターはお風呂場のカビであったり、ピンク汚れにはとっても効果を発揮しますが、水アカを落とす効果はないんですよね…。

というのも、キッチンハイターって基本的にアルカリ性の性質なんです。

水アカ汚れも同じアルカリ性の性質を持っているため、アルカリ性同士では汚れを分解して落とすことが出来ないんですよ!

ということで水アカを落としたい場合は、キッチンハイターではなく、極力は酸性の洗剤を使っていくようにしましょう。

水アカにはクエン酸

私のおすすめとしては、水アカを落とすならクエン酸スプレーを使っていくことですね。

クエン酸は酸性なので、アルカリ性の水アカ汚れをキレイに落としてくれますよ!

  1. ゴムパッキンのカビを落とす時と同じように、まずクエン酸を水アカ部分にスプレー
  2. キッチンペーパーで覆ってしまい、更にその上からもう1回クエン酸をスプレー
  3. 15分~30分経ったら、キッチンペーパーを剥がして、スポンジでよーくこすり洗いをしながらすすいでいってくださいね

そうすれば水アカ汚れもとってもキレイになって安心ですよ。

ということでお風呂の汚れによって、何を使って落としていくかを選んでいくようにしましょう。

そうすればお風呂の床もピッカピカになってとっても快適ですよ!

ちなみに、クエン酸はお風呂以外の水アカ落としにも使えるので、ぜひご家庭に常備して掃除の際に活用していくようにしましょう。

>> ファンケルの発芽米 お試しセットを見てみる(公式サイト)

キッチンハイターをお風呂の床に使う時の注意点!

キッチンハイターをお風呂の床に使う際は、必ずしっかりと換気をすることと、手や足にキッチンハイターがついたらよく水洗いすること、そして他の洗剤などと絶対に混ざらないように注意しましょう。

では更に詳しく、キッチンハイターをお風呂の床に使う際の注意点を紹介しますね。

キッチンハイターを使う際はお風呂場をしっかり換気しよう

キッチンハイターは比較的強力な塩素系漂白剤なので、通気性の悪い場所で使ってしまうと、気化したハイターを呼吸することで体内に取り込んでしまい、具合が悪くなってしまう危険性があります。

そのため、キッチンハイターを使う際は絶対に、お風呂場の窓を開けたりもしくは換気扇を回すなどして、十分に換気をしておいてくださいね。

また、万が一キッチンハイターを使っている時に、急に気分が悪くなるようなことがあったら、すぐにお風呂場を出て新鮮な空気を吸い、具合が良くならない時は医療機関を受診するようにしましょう。

キッチンハイターが手や足に付いたらよーく水洗いする

基本的にはキッチンハイターを使う際は、ゴム手袋をした方が良いのですが、万が一キッチンハイターが手や足についてしまった時は、よーく水洗いしていってくださいね。

やっぱりキッチンハイターは強力な漂白剤なので、しっかり水洗いしないと、肌荒れしてしまうこともありますよ!

絶対に他の洗剤と混ざらないようにすること

お風呂の床掃除に限らず、キッチンハイターを使っている際は絶対に他の洗剤などと混ざらないようにしてくださいね。

他の洗剤と混ざってしまうと、有毒ガスが発生して非常に危険なので、くれぐれもキッチンハイターは単体でお風呂の床掃除に使うようにしましょう。

以上がキッチンハイターをお風呂の床掃除に使う際に、きっちりと覚えておくべき注意点です。

これらの注意点はかなり重要なので、ぜひともしっかり守って、安全にキッチンハイターを使っていってくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

キッチンハイターって実は、お風呂の床に生えてしまった厄介なカビやピンク汚れの除去に効果的!

スプレータイプのキッチンハイターを活用し、お風呂の床に吹きかけて、少し時間をおいてから洗い流せば、とても床がキレイになりますよ。

ただしキッチンハイターでは水アカは落とせないので、水アカに関してはクエン酸を使いましょう。

そしてキッチンハイターを使う際は必ず、十分にお風呂場内を換気して、万が一手や足に付着したらよーく洗い流して、そして他の洗剤と絶対に混ぜないように注意して使ってください。

そうすればお風呂の床の掃除もだいぶ楽になりますよ!

タイトルとURLをコピーしました