京都市 PR 物議 / 吉本興業 / ステルスマーケティングの疑いか?

京都新聞社によると、京都市がPRのため「ツイッターでつぶやき1回につき50万円」という契約を吉本興業と結んでいたようです。

つぶやき(ツイート)に市の広告であることを示す記述がないため、

口コミを装った広告「ステルスマーケティング(ステマ)」ではないか?と報道されています。

 

スポンサーリンク

京都市 PR 物議 / 吉本興業 / ステルスマーケティングの疑いか?

京都新聞社の取材によると、つぶやき1回につき50万円という契約は、2018年度に京都市が吉本興業と結んでいたようで、

市の施策を吉本興業の地元出身コンビがツイート(つぶやき)していたとのこと。

ツイートに市の広告であることを示していないため、コンビがつぶやいているだけのようにも見え、

消費者に宣伝と気づかれないように宣伝する行為である「ステルスマーケティング(ステマ)」のように見えるとのことです。

 

記事によると、「ステマ」が社会問題化する中、自治体広報として不適切だと指摘しています。

 

京都市によると、ツイートに、イベントPRや公共交通の利用促進などの主旨を盛り込むよう吉本興業へ要請したとのことですが、

市が広報発表した資料には、ツイッターでの発信は含まれていなかったそうです。

(資料にあったのは、ポスターやイベントでのステージ出演など)

 


ツイート末尾には、「#京都市ふるさと納税」「#京都市盛り上げ隊」などのハッシュタグがあり、

これをクリックすることで同じタグのある記事が見られる仕組みとなっていたということです。

 

京都市 PR 物議 / 吉本興業 / ステルスマーケティングの疑いか? 専門家の見解

ここまでの内容を見ると、紛らわしいと感じるのですが、実際はどうなのでしょうか?

 

JARO(日本広告審査機構)の審査委員を務める、関東学院大の天野恵美子准教授の見解によると、

 

「読み手が広告主が行政だと気づくと、発信内容に共感が生まれずに拡散されにくくなるかもしれない。

京都市の広告である以上、公金が投入されるので公明正大な手法が求められる。

アンフェアな広告である」とのことです。

 

京都市では、「ツイートを市の委託だと理解できる人は少ないだろうが隠そうという意図はない」

広告主が市であることを必ずしも明記しなければならないという意識はないと説明したそうです。

 

駒沢大の山口浩教授(経営学)は、ステマには明確な基準がなく、グレーゾーンの領域が広いと断った上で、

「ツイートが市の委託であるということが、受け手に伝わっていないと認識しているのであれば、それはステマだという自覚をもつべき」

と指摘したという。

情報の受け手が「だまされた」と思う可能性のある広告は倫理的にふさわしくない。

誤解を招かないよう努力が必要だと強調したとのことでした。

 

スポンサーリンク

京都市 PR 物議 / 吉本興業 / ステマの疑いか?世間の反響は?

コメントによると、吉本興業はステマ対策はしっかりやっていきますと話しているようです。

でも今回の報道を見る限り、対策がなされているとは思えないと世間は感じると思います。

吉本興業が対策をされているということであれば、京都市の方に何か問題があるのでしょうか?

「これは闇営業でなく、吉本興業経由の仕事であり、
吉本興業がステマを受注しているということ。
民間の仕事ならまだしも、税金を使ったものなのでどうかと思う。
芸人含めた芸能人のツイートとかにはステマが多くあることを
意識しておいたほうがいい。」

 

「そもそもツイート1回50万という税金の使い方に市民が納得してるのかね」

京都市民はこのことを知らされていないのですよね?

「自分にはステマというより普通に宣伝に見えます。自分が関わっているプロジェクトをツイートしたり、仲間内のプロジェクトをリツイートする目的は宣伝のはずです。ステマというのは関わり合いのない感じでもっと上手くやるものでは?」

 

「たとえ問題なくても、もし自分が京都市民だったら、こんなことに100万円の税金が使われたのであれば良い気持ちしないな。」

ヤフーコメントより引用

ステマだと思う、税金がこのような使われ方をすることがおかしい、という意見が大半でした。

タイトルとURLをコピーしました