元木大介 ヘッドコーチに!タレント・ラーメン屋を経て現場復帰に子供は?

元木大介内野守備兼打撃コーチ(47)が来季からヘッドコーチに就任することが28日わかりました。

 

元木コーチは、上宮高校時代は甲子園に3度出場し、通算6本塁打の成績でドラフト1位で巨人に入団。

2000年大神いずみアナと結婚し、2人の子供をもうけました。

2005年の引退後はタレントととして活躍され、ラーメン屋の経営を失敗して「しくじり先生」に出演していたこともありました。

そして現在は、タレントから巨人の内野守備兼打撃コーチとして野球界に復帰し、

今回、原監督からの絶大な信頼を受けヘッドコーチに就任することが決まったということです。

元木コーチはなぜこのように復帰できたのでしょうか?

 

スポンサーリンク

元木大介 ヘッドコーチに!野球界復帰の理由は?

甲子園で通算6本のホームランを打った元木大介内野守備兼打撃コーチは、ダイエーのドラフト指名を拒否してハワイで1年浪人しています。

 

巨人に入団も、1年目に2軍で4本しかホームランを打てなかったことに危機感を感じ、それまでのスタイルを完全に捨て、

やがて、チームになくてはならない選手となっていったということです。

 

長嶋監督から「クセ者」という称賛を得て、2005年に惜しまれつつも現役を引退。

引退後、元木コーチはタレントとなり、バラエティでの発言でお茶の間を沸かせることも多くありました。

 

一度タレントのレッテルを貼られると、プロ野球界特に、巨人軍のような巨大な組織で現場に復帰することは困難だと言われていますが、

元木大介さんは見事に現役に復帰。

 

今季は内野守備兼打撃コーチ就任1年目ながら、5年ぶりのリーグ制覇に貢献し、明るい性格でチームを盛り上げるなど手腕を発揮されたということです。

芸能界での経験が豊富なこともあり、メディアへの対応も期待されているとのこと。

 

そして、元木コーチは野球に関しては誰よりも勉強熱心のようです。

「どんなにバカなことをやっても、僕は野球選手です。プロ野球の世界に必ず戻りたいし戻れる自信はあります。

と語っていたことがある元木コーチ。

 

原監督からは「クセ者じゃなく、技量を持っている、回りが良く見えている、それが凄い」

と高い評価を受けているようで、

長嶋監督に「クセ者」と称賛されたことも考えると、

野球に関して天才的な能力を持っているのではないかと思いました。

もしかしたら引退後は色々な経験を積みながら、この機会をずっと待っていたのでしょうか?

 

元木大介 ヘッドコーチに!お子さん達の反応は?

元木コーチのお子さん達は、父親の活躍をどう見ているのでしょうか?

元木コーチは2005年に現役を引退されているため、選手としての姿は見たことがないかもしれません。

 

お子さんも野球をされているみたいなので、すでに元木コーチの資質を受け継いで活躍されているかもしれませんが、

 

内野守備兼打撃コーチ就任1年目ながら、5年ぶりのリーグ制覇に貢献という父親の活躍、さらに今回のヘッドコーチ就任をとても誇りに感じているのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

元木大介 ヘッドコーチに!ネットでの反響は?

このニュースには非常に多くのコメントが寄せられています。

「試合中の円陣、シートノック、岡本選手や若手への接し方をみても、選手との距離が非常に近いんだと思います。
円陣の動画が結構楽しく見られるのは過去の巨人には見られなかったこと。
ヘッドコーチ、すごく期待しています。
原監督に退場などの万が一があった場合は、監督代行か~。」

 

「試合中の円陣、シートノック、岡本選手や若手への接し方をみても、選手との距離が非常に近いんだと思います。
円陣の動画が結構楽しく見られるのは過去の巨人には見られなかったこと。
ヘッドコーチ、すごく期待しています。
原監督に退場などの万が一があった場合は、監督代行か~。」

 

「クセ者と言われてましたが、元木コーチは野球センスの塊で、視野の広さやキャプテンシーは上宮高時代から凄かった。
プロ野球選手としては、小さくまとまってしまった印象で残念でしたが、それもプロで生き残るために選んだんでしょうし、記憶に残るプレーヤーでした。
野球頭もいいし、ヘッドコーチとしては適任者かと思います。」

ヤフーコメントより引用

コメントを見ているとやっぱり凄い方なんだなと思います。なぜ今まで出てこなかったのか不思議なくらいですが、これからの活躍がとても楽しみになりました。

タイトルとURLをコピーしました