子供に習わせてよかった習い事~我が家の場合はスイミング!~

子供に習わせてよかった習い事!我が家の場合はスイミング!子育て

小さな子供向けの習い事…魅力的のものがたくさんあるけど、全て習わせるのは経済的にも時間的にも困難ですよね。

世の中に溢れる習い事の中で、おすすめは?と聞かれたら…。

私の答えは「スイミングスクール」です!

なぜスイミングがおすすめなのか?

子供に習わせてよかった習い事、スイミングについて経験をもとにお話しします。

スポンサーリンク

習い事のスイミングはいつから?園と提携していればラッキー!

人気の習い事でもあるスイミング。

子供がいつから始めたかというと、保育園に入ってからです。

スイミングスクールをおすすめする理由の一つに「始めやすさ」があります!

自宅から徒歩圏内であろうと、小さな子供が自力で教室までたどり着くのは、なかなか想像できないと思います。

そうなると、送り迎えは必須ですよね。

子供が小さいうちは、家事の時間さえもなかなか確保できないハードスケジュール!

送迎に時間がかかっては、習い事への負担が大きくなってしまいます。

スイミングは送迎のハードルが低い!

その点、スイミングスクールは比較的数が多く、自宅からそう遠くない距離に教室を見つけることも容易ではないでしょうか?

また、スイミングスクールの送迎バスを街中で見かけることも多くないですか?

送迎に時間がかからなければ、子供のレッスン中に自宅で集中して家事を片付けるなんてことも可能になります!

保育園と提携していると何かと便利でお得

我が家の場合は、通っていた保育園が近くのスイミングスクールと提携していました。

園に送迎バスがやってきて、保育時間中に園の先生が付き添ってスイミングスクールに連れて行ってくれます。

しかも、園の子供達はほとんど通っていたので団体割引が適用され、割安でレッスンを受けられるという、とてもありがたい環境でした。

私の住んでいる地域では、他の保育園や幼稚園も同様の所が多く、おそらく全国的にも珍しい事ではないのではないでしょうか?

通っている園を通じて教室の申し込み案内があれば、自分でスクールに問い合わせや資料請求をする必要もなく、手続きも簡単です!

スポンサーリンク

スイミングは意味ない?子供目線でもおすすめです!

先程は親目線のメリットをお話ししましたが、子供目線でもメリットはあります!

園と提携している教室であれば、当然、同じ園から通う子供も多いはずです。

習い事を始める時は、誰でもドキドキするもの…。

いつも一緒に遊んでいる園のお友達と、同じタイミングで一緒に教室に通うことが出来れば、子供だって心強いですよね。

いざ通い始めたは良いものの、教室に馴染めず辞めたいと言い出す…。

そんな心配も少なくなると思います。

習い事でスイミングを選ぶメリットはたくさん!

運動神経がいい子なら、スイミングは意味ないと思うかもしれませんが、我が子にはメリットがたくさんありました。

私が子供をスイミングスクールに通わせていて良かったと感じた最大のメリットは、小学校入学直後にありました!

小学校に入学すると、夏にプールの授業があります。

我が子が1年生になり、プールの授業参観に行った時、水にもぐることを恐れる子供が割と多い事に気が付きました。

1年生くらいの年齢だと、水面に顔を付けるのが精いっぱい!という子も珍しくないようです。

考えてみれば、そうかもしれません。

園でプール遊びがあっても、安全のため水深は浅いものが使われていると思います。

幼少期にレジャープール等に連れて行っても、親がしっかりと付き添って遊びますよね。

我が家も例外ではありません。

レジャープールでは、そのように指導されていると思いますし、親心から考えても、人ごみの中ではしっかり抱っこしておくか、手を繋いでいないと不安です。

そうなると、必然的に水に潜ったことがない子供が多くても、不思議ではありません。

成功体験が自信につながる

そんな状況で、小学校に入学するとプールの授業が始まり、プールの底に沈んだおはじき拾い等にチャレンジします。

もちろん、潜るのを恐れる子に先生が無理強いする事はありませんが、我が子はクラスの中でも1位2位を争う数のおはじきを順調に拾い集めたのです。

うちの子は、決して運動神経が良い訳ではありません!

むしろ、どちらかと言うと運動音痴です・・・。

しかも、スイミングスクールでもスイスイ泳げるまでに上達していた訳ではなく、ビート版が外れるかどうか位のレベル・・・。

ただ、水には慣れていて、潜るのはへっちゃらという程度でした。

そんな我が子が、プールに限っては体育の授業で好成績!

これは、子供にとっても自信に繋がったようです。

もちろん、2年生・3年生と成長するつれ、そんな小さな差は埋まりつつあると思いますが、出だしの段階で自信を持てた事は大きかったと思います。

4年生になった今でも、最初の小さな成功体験のおかげで、水泳に関しては苦手意識がありません。

スポンサーリンク

子供に習わせてよかった習い事 まとめ

幼いうちの習い事でプロ並みに成長することは稀かも知れませんが、自信を持たせると言う意味では、小さいうちの習い事はとても有意義だと思います。

自信がないと、子供はなかなかチャレンジしてくれません。

チャレンジ精神があると、出来ることが増え、自己肯定感にも繋がります。

幼いうちは、何事にもチャレンジできるだけの自信を持たせてあげることが、最重要ではないかと思います。

小さな子供向けに色々な習い事がありますが、親も子も無理なく続けられそうなスイミングスクールを検討してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました