成田童夢 激怒!国母容疑者と連盟の横暴!トリノ裏話! そして未来へ

2006年トリノ冬季五輪で日本代表・成田童夢さんが大激怒!!

 

先日、大麻取締法違反の疑いで逮捕された国母和弘容疑者と、

全日本スキー連盟スノーボード部への怒りをぶちまけ、スノボ界の未来を案じました。

 

さらに、誰も知らなかったトリノオリンピックでの悲しい裏話も語っています。

 

スポンサーリンク

成田童夢 激怒!大麻をやりたいなら出て行け!

元スノーボード・ハーフパイプ日本代表の国母和弘容疑者(31)が

大麻取締法違反の疑いで厚生労働省麻薬取締部に逮捕。

営利目的で密輸が疑われている国母容疑者。

 

この事件を受けて、同じく元スノーボード・ハーフパイプ日本代表で、

現在はポップカルチャータレントの成田童夢さん(34)が大激怒したという。

 

成田さんは、2006年トリノ冬季五輪日本代表として、国母容疑者と共に出場。

 

8日に送検された国母容疑者は、現在活動拠点としている米国から

営利目的で大麻を57グラム密輸した疑いがもたれているとのこと。

2度も日の丸を背負った選手の前代未聞の事態に、成田さんもさすがにキレたと言う。

 

「残念で仕方ない。強ければ、うまければ、それでいいのか? いくら技術があっても、アスリート以前に人としてダメだろう。有名アスリートは“上級国民”でルールを破っていいとでも思っていたのだろうか。臨時とはいえ、指導する立場にあった人間が、誘惑に負けてどうする!」と。

 

海外では大麻合法の国や地域があり、成田さんも選手時代に、少数ではあるが大麻を使用している選手がいることを知っていたそうです。

日本では大麻が禁止されているので、

「日本国民としての当然の倫理観であり、日の丸を背負ったアスリートならなおさらだ」

と述べています。

 

国母容疑者が大麻を使用していたかは不明ですが、もし、若い頃大麻を吸っていたとしても、

結婚や子供の誕生を機に心を入れ替えるべきで、大麻がなければスノボができないというならスノボはやめるべき。

それでもやりたいなら合法の国に移住するなりいくらでも方法はある。

「日の丸を背負うならそれだけの覚悟を持て!」とブチまけたそうです。

 

スポンサーリンク

成田童夢 激怒!連盟の横暴…トリノ裏話! そして未来へ

さらに、成田さんは、指導・管理してきた全日本スキー連盟スノーボード部にも厳しい注文をつけたそうです。

 

2010年バンクーバー冬季五輪で8位入賞した国母容疑者と成田さん。

2006年トリノ五輪でも同じく代表だった2人は因縁の関係だという。

 

トリノ五輪前の合宿で、国母容疑者は同時17歳ながらテキーラを飲み泥酔。

年上の成田さんに対して「お前生意気なんだよ!」と叫び、空き瓶で殴打、成田さんを出血・負傷させたという。

 

成田さんはこの後の本番で予選敗退。

この件が原因とは頑として認めないという成田さんですが、影響がないわけがないですよね。

 

国母容疑者は、未成年飲酒と傷害事件に相当するはずで、五輪出場資格をはく奪するべき事件を起こしているにも関わらず、

当時のコーチは見て見ぬふりだったという。

 

当時の日本代表チームには、強ければ何でも許されるという雰囲気が蔓延していて、国母容疑者はやりたい放題、

成田さんはこの事件をバラして国母容疑者の邪魔をするんじゃないと警告されたと言います。

 

成田さんはスノボ界の未来も案じ、こう提言したそうです。

「このままでは薬物、飲酒事件を起こす確率が異常に高い。代表選手は犯罪予備軍に見られても仕方ない。

そんな競技に公費を支出すべきなのかという意見も出るだろう。

子供にスノボをやらせるのを躊躇する親御さんも出て、

ただでさえ減っている競技人口がさらに減る可能性がある。

そもそも(全日本スキー連盟)スノボ部の中に、スノボを競技ではなく、遊びの延長と考えている人間が多すぎる。

組織が腐っている。

ボクシングやテコンドーのように、一度リセットして第三者を入れ立て直すべきだ」

スポンサーリンク

成田童夢 激怒!国母容疑者や連盟の横暴:世間の反響は?

この報道についてはとても大きな反響があります。

トリノ五輪の裏でまさかそのような悲劇が起こっていたとは知りませんでしたし、組織ぐるみで行われていたことには衝撃でした。

「さもありなんとは言いたくないが、国母容疑者が受けるべき非難は当然として、成田童夢がここまで熱く日本のボード界を憂いていることが個人的には驚きであり喜ばしい。」

 

「童夢がトリノオリンピックでいまいちだったのは、これが少なからず影響してたのか。
國母このあたりには問題児だったんだね。」

 

「成田さんも選手時代はビッグマウスキャラで成績が出せず相当叩かれたが、後にご本人のネタばらしと人柄が評価されて、今はやりたいことが出来ておられるようで良かったと思う。
が、当時成績が出せなかったのが国母のせいだったのなら、しかもそれが当時公にされていなかったのなら、かなり悔しい思いをされただろう。ひょっとしたら別の人生があったかもしれないのに。
この件では真っ当な指摘をされていると思う。協会は真摯に受け止めるべき。」

 

「成田しっかりしてるなあって思うこと自体スノボを少しチャらく見てるのかなぁと反省します

いや、正論です」

ヤフーコメントより引用

タイトルとURLをコピーしました