【西田敏行 引退説否定】歩けない?体調?探偵ナイトスクープ降板理由?

歩けない?体調悪化が理由で探偵ナイトスクープ降板したのでは?ドクターXに蛭間は出ないのか?などと、

「ナイトスクープ降板」により、西田さん引退説が流れているようです。

今回、その引退説を奥様が否定、「生涯現役」と語ったことが話題となっています。

その内容とはどのようなものなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

【西田敏行 引退説否定】歩けない?別の降板理由?

先日西田さんが語った「探偵ナイトスクープ」降板理由については

こちらでもご紹介したのですが、【ナイトスクープ 松本人志】新局長決定 / 西田敏行さん降板理由を語る

 

涙もろい西田さんは、乾いた笑いと濡れた感性をフィフティーフィフティーにできなくなってきたことで、

番組のコンセプトが崩れるということを主な理由として挙げていました。

 

これに対して、報道では、降板には別の理由があったのではないかと述べています。

 

西田さんは以前から深刻な体調不良が心配されていて、ドラマの撮影中に動けなくなってうずくまってしまこともあったそうです。

 

西田さんの芸能生活は病気やケガとの闘いだったという。

  • 2001年11月、頚椎症性脊髄症で手足のしびれなどが起こっていた。
  • 2003年3月は心筋梗塞で緊急入院し、生死の境をさまよった。
  • 2016年2月にはベッドから転落して頚椎亜脱臼になり4月に手術を受けた。
  • その直後に胆のう炎も発症。

普段の生活では常に杖が手放せなく、歩くのも大変なようです。

さらに最近、糖尿病の傾向もあるそうで、治療に専念するために芸能界を引退するのでは?という声がささやかれているということでした。

 

【西田敏行 引退説否定】妻・寿子さんが語る

西田さんをずっとそばで支えてきた4歳年下の妻の寿子さんは、取材に応じ、

 

「本人も体調を気にして整えようと一生懸命頑張っていますし節制しています。

だから気力の衰えなんかありませんよ。

少し膝が悪いので食事や減塩にも気をつけています。

今は歩くときに少し杖を使ったりもしていますけれど、本人はいたって元気ですよ」

 

「主人は死ぬまできっと現役です。お仕事さえいただければ続けていきたいと思っているんじゃないかしら」

と答えたそうです。

 

これを聞いてほっとしますね。

 

西田夫婦の出会いは、西田さんが所属していた劇団の研究生として入ってきた寿子さんに、西田さんが一目ぼれし、

猛アタックの末に寿子さんのアパートに西田さんが転がりこむ形で同棲生活がスタートしたということです。

 

これをきっかけに寿子さんは劇団をやめて女優の道を諦め、アルバイトをいくつも掛け持ちして西田さんを支えたそうです。

西田さんが役者として成功することが寿子さんの夢にもなっていたのでしょうね。

そばで見ていて西田さんの才能にほれ込んでいたのかもしれないですね。

 

2人の子宝に恵まれたお二人ですが、「育児がひと段落したら女優に戻っていいんだよ」という西田さんからの提案を断り、西田さんを支えていく道を選んだそうです。

 

寿子さんは、「主人がずっと仕事を続けるのを応援してますから」と最後に語ったそうです。

 

スポンサーリンク

【西田敏行 引退説否定】ネットでの反響は?

この報道を聞いてほっとされた方も多いと思います。

コメントを見ていると、西田さんは本当に愛されているなと思います。そして、仕事はセーブして出たいものだけに絞っていいので、テレビからはいなくならないでほしい、という意見が多いです。

これからは、西田さんを支えてきてくれた奥さんとの過ごす時間を増やすのかもしれないですし、

まだまだ役者としてやりたいと考えているのかもしれませんが、とても強い絆を感じます。素敵なご夫婦ですね。

 

「もう十二分に、作品はたくさんあります。

たまたま局長を退いただけで、ご年齢を考えたらスローペースになって当然だと思います。
体力や時間も限られて来るのですから、ご自分がこれはと思われる作品を選んで出られるのでは。

ご夫婦円満、絆も強そうで何よりですね。」

 

「演技に優しさと愛情が出てる役者さんなんて西田さんしかいないんじゃないかな?強面の演技もこなせるし、これからも色んな演技を見たいので、まだまだ頑張ってほしいです。」

 

今まで頑張ってきたんだから仕事セーブして負担の少ない本当にやりたい仕事だけやってたんで良いと思う。健康上もオールOKではないだろうし。消えるのだけはやめてほしい、寂しいからね。」

 

「少し前に体調のすぐれない西田さんのために、座ったままで演じられる様な配役をしたり、脚本を書き換えたりなど、テレビ局側でも対応しているとの記事を読みました。日本のドラマ界にはそれほど必要とされている方だと思います。」

ヤフーコメントより引用

タイトルとURLをコピーしました