佐野史郎 骨折「ガキの使いSP」ロケ中全治2ケ月も番組に気遣い

佐野史郎さん(64)が、「ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル(仮)」のロケ中に第3腰椎骨折・全治2か月の怪我を負ったというニュースがありました。

 

佐野史郎さんと言えば、30年近く経った今でも木馬に乗った冬彦さんやマリオさんの役が強烈な印象のようです。

数々のドラマや映画に出演されている佐野さんですが、2018年のドラマ「限界団地」で”初主演”ということでも話題となりました。

佐野さんは俳優だけでなく、小泉八雲の朗読や音楽活動もされています。

 

今回の事故はバラエティ番組の収録中に起こったようです。

 

スポンサーリンク

佐野史郎 骨折「ガキの使いSP」ロケ中全治2ケ月も番組に気遣い

7日、日本テレビは12月31日放送予定の

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル(仮)」のロケ中に、

佐野史郎さんが腰椎骨折の怪我を負ったと発表。

全治2か月の見込みとのことです。

 

佐野さんは、茨城県内でのロケで6日夜8時頃、

液体窒素を入れたペットボトルが破壊する力で空中に浮くという企画に挑戦。

その際腰を打ったそうです。

 

その後、腰に痛みを訴え病院で診断を受けたところ、第3腰椎骨折と診断。

現在入院中ですが手術の必要はなく、2週間の安静と、リハビリを行い、全治約2か月の見込み。

回復具合を見ながら仕事の復帰を徐々にするそうです。

企画は、専門家の指導のもと事前にリハーサルを重ね安全に配慮、確認した上で実施したそうです。

想定ではペットボトルの破裂により、佐野さんが数センチ浮くはずだったということ。

 

日本テレビは

「今回、けがをされたことについて、佐野さんをはじめ関係者の皆様にお詫び申し上げます。

出演者にけがを怪我を負わせた事実を重く受け止め今後はより一層番組制作において安全対策に万全を期してまいります。とコメントを発表。

 

佐野さんは、番組を気遣うコメントを発表しています。

「なお、番組放送に関しましては、私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを、心より願っております。」

人間万事塞翁が馬。 今回のことを糧に、より精進して参りたいと存じます。

橘井堂より引用

 

佐野さんが出演した部分の放送については慎重に検討するとしているということです。

 

スポンサーリンク

佐野史郎 骨折「ガキの使いSP」:佐野さんからのコメント

佐野史郎さんからのコメントです(一部抜粋)

スタッフのみなさんは、事前に何度も検証を重ねて番組を構成なさっていたのですが、それでも本番には予想できない状態となってしまったようです。
ドラム缶の中に液体窒素を入れ蓋をし爆発させるのですが、その蓋の上でラーメンを食べるという企画でした。ですが、想像以上の衝撃の強さに耐えきれず、第三腰椎を骨折してしまいました。

負傷、入院に伴い、今後の仕事に支障をきたすこととなってしまい、関係者のみなさまには、大変なご迷惑をおかけすることとなってしまいました。
大変、申し訳ございません。
また、それらの出演企画を楽しみにしてくださっていた皆様には、心よりお詫び申し上げます。

まずは、1日1日、あせらず、じっくりと回復できるよう、努めたいと思います。
そして、今後も、もっともっとみなさまに喜んでいただけるような仕事ができるよう、精進して参りたいと存じます。
今後とも、何卒、よろしくお願いいたします。

橘井堂より引用

 

今回の負傷の件については佐野さん自身のインスタやツイッターなどでのコメントはありませんが、報道を聞いたフォロワーなどからはコメントが寄せられていました。

 

スポンサーリンク

佐野史郎 骨折「ガキの使いSP」:世間の反響は?

負傷を負った佐野史郎さんですが、番組を気遣うコメントもありました。

放送に関しては賛否ありますが、放送するべきではないという意見の方が少し多いようです。

「佐野史郎さんクラスの役者さんが引き受ける事では無いと思いましたが、御本人がやっちゃおうかなと思われたのならば仕方が有りませんけれど、以前にはヒロミさんが火薬で背中に大火傷を負った事故が有りましたから、こう言う企画は命にも関わる事ですし、後遺症が有ったら今後の仕事にも支障が出ますから、本当に注意をして欲しいと思います。」

 

「人気俳優を怪我させてしれっと放送しても笑えない!
下手な欲をかかずにしっかり反省し放送しないで欲しい。」

 

「ぜひ放送してほしい!!

ケガは確かに残念だけど、たとえバラエティでも、プロが体張ってやってんだから。」

 

「この番組のお笑いをわかってくれる役者さんでよかったですね。
ただとにかくお大事にしてください。」

 

「ヘルニアなど腰になんらかのケガを経験したことのある人には
分かると思うが
腰のケガに関しては全治というものはない
なんらかの後遺症つまり痛みと一生付き合わなければならない
笑って済ますことではない」

ヤフーコメントより引用

コメントされている方もいますが、腰を痛めるととてもつらいですし、今後痛みと付き合っていかなくてはならないと思うので、

音楽やお芝居など、体が資本のお仕事なので心配です。

回復を願っています。

 

タイトルとURLをコピーしました