小学生で習い事をしないってOK?何か習わせるべき?

小学生で習い事をしないってOK?何かさせたほうがいいの?子育て

小学生で習い事を一切しないのは特に問題ありません。

もし近い将来のために役立てたいのなら、小学生の、特に低学年のうちから習い事をしていることで、学校や将来に役立つ可能性もあります。

でもお子さんが嫌がっているのに、無理やりさせてしまうのは良いとはいえません。

私も小学生の頃は習い事はしないでいました。

始めるきっかけは、中学生になって自分でやりたいことが見つかったからです。

小学生で習い事を一切しなくても問題はありませんので安心しましょう!

もし子供に習い事を何かすすめるなら、どんなものを習わせるべきかおすすめもご紹介しますね。

スポンサーリンク

小学生で習い事をしないってOK?始めるきっかけは?

確かに小学生の頃から何かの習い事をしていれば、学校や将来の進路を決めるのに役立つ場合もあります。

しかし、たとえ習い事を一つもしなくても、特に問題はありませんので安心してください。

無理やり習い事をお子さんにさせてしまうと、デメリットもあります。

遊ぶ時間がかなり減ってしまう、習い事をさせる費用で家計に負担がかかる、強制的に習い事をさせてしまったことでお子さんの習い事に対する苦手意識が強くなる、などです。

なので、小学生のお子さんが一つも習い事をしないのであっても、本当に心配はいりませんよ。

子供が習い事を始めるきっかけ

お子さんが自分の意思で何かの習い事をしたいと言うまでは、親御さんの方から習い事をさせようとしなくてもOKでしょう。

実は私も習い事は、小学生の頃は何もしていませんでした。

中学生になってから、日本舞踊やギターを自分から習いたい、と言い出したことがきっかけで始めました。

もちろん、中学生ではなく小学生のお子さんでも、習い事を何かしたいと自分から言い出した場合には、極力は習わせてあげることが一番ですよね。

強制的に習い事をさせるというのは、お子さんの身に付かないだけでなく、習い事にかなり苦手意識を持つようになってしまうため注意が必要です。

自分が小学生だった頃を思い返してみてください。

習い事をしなくても、特に何の問題もなかったでしょうし、親から強制的なかたちで習い事に通わされるようになってしまったら、すごく嫌な気持ちになったでしょう。

お子さんもそれと同じなので、ぜひ習い事に関しては焦らずにいきましょう。

習い事は誰かに強制されてするよりも、お子さんが自発的にしたいと言うのを待つのが理想ですよ。

お子さん自身が自分から習いたいと言い出した習い事なら、真面目にきちんと取り組むし、しっかりと身に付いて長続きするようになります。

小学生ではなく中学生になってから習い事を始めても全く遅くはないので、ぜひ安心してお子さんから習い事をしたいと言うまで、気長に待つようにしていきましょうね。

もし、お子さんにさせたい習い事があるなら、興味を持ってもらえるように工夫したり、よーく話し合うことが大切です!

スポンサーリンク

小学生の子供に習わせるべき習い事ってある?決め方は?

小学生のお子さんにもし習い事を何かさせたいのでしたら、子供に習わせるべきおすすめの習い事は、ピアノや水泳などのスポーツ、英会話、学習塾などです。

これら以外でも、ぜひ、お子さんが習いたいと言い出したものを習わせてあげると良いでしょう。

これらの習い事についてご紹介しますので、決め方に悩んだら参考にしてくださいね。

ピアノ

ピアノは合唱コンクールの時などに伴奏として選ばれることもあります。

小学校では鍵盤ハーモニカなども演奏することがあるため、習っておくと何かと役立ちます。

もちろん音感やリズム感も身に付くし、記憶力がアップするなどのメリットもあるんです!

最近は女の子だけではなく、男の子でもピアノを習う子が増えていますよ。

スポーツ

サッカーや水泳、テニスなどのスポーツ系は、習っておけば正しルールややり方をきちんと教えてもらえるし、学校の体育の授業でももちろん役に立ちます。

また運動が好きになれたり、体を動かすことで健康をキープすることも出来るので、かなりおすすめの良い習い事なんですよ。

お子さんもスポーツができるようになると、とっても自信がつくし将来の進路の選択肢にもなります。

お子さんが習いたいと言ったスポーツを習わせてあげると良いですね!

英会話

英会話を習っておくと、中学生になり本格的に英語の授業を習う時にとても役立ちます。

しかも英会話が出来るようになると、大人になってからも就職に有利な場合があるので、お子さんの将来のためになる習い事の一つでもあるんですよ。

それに、小学生から英語がペラペラになると、周囲からもすごくカッコいい!と思われることもあるので、お子さんにとってものすごくメリットがあるでしょう。

学習塾

勉強が苦手だったり、苦手科目がある場合、そして中学受験をするのなら、小学校低学年のうちから学習塾に通っておくのが安心。

そうすれば授業で遅れる心配もありませんし、勉強が出来るようになるとお子さんにもすっごく自信がつきますよ。

もちろん小学生からではなく、中学生から学習塾に通い始めても良いのですが、小学生から塾に通いだすことで、より塾へ行って学習することに抵抗を覚えなくなるでしょう。

以上が小学生におすすめしたい習い事なんですが、この他にもそろばん、ヴァイオリン、プログラミング、剣道や空手、柔道などの習い事も良いですね。

ただし、どの習い事をさせる場合でも、お子さんの意思を尊重し、なおかつお子さんに合っている習い事をさせていくようにすると無駄になることはありませんよ!

スポンサーリンク

まとめ

小学生で習い事はしない、していないのは全く問題ありません。

もしお子さんが何かの習い事をしたいと自分から言い出しはじめたら、希望しているものをしっかり習わせてあげるべきでしょう。

特にピアノやスポーツ系や学習塾や英会話などは、後々学校でもかなり役に立つので、習っておいても本当にとっても良いものです。

でも強制的に習わせるのはNG。

もし親御さんが何かしらの習い事を小学生のお子さんにさせたい、という気持ちがあっても、お子さんとよーく話し合って、合っているものを習わせてあげてくださいね!

>> 無料で相談できます!保険見直しラボを見てみる(公式サイト)

タイトルとURLをコピーしました