タケモトピアノ CM秘話! 財津一郎語る / 赤ちゃん泣き止むと評判

「赤ちゃんが泣き止む」と評判のタケモトピアノのCM秘話が財津一郎さんへのインタビューで明らかになったそうです。

 

ダンサーと「ピアノ売って、ちょうだ~い」とフレーズに始まる軽妙なステップと歌声での買取のコマーシャル。

見たことがない人はいませんね。

現在85歳となる財津さんはそのように過ごしているのでしょうか?

何を語ったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

タケモトピアノ CM秘話

タケモトピアノのCMと言えば、誰もが知っていますね。

あのCMは20年も前から流れているんだそうです。

 

中古ピアノ大手竹本ピアノ(大阪府堺市)のCMで、

「ピアノ売って、ちょうだ~い」とフレーズに始まる軽妙なステップと歌声を披露する財津さん。

タケモトピアノのCM動画はこちらから

 

現在自宅療養中という財津さんが、CM撮影の秘話や現在の生活について語ったということです。

 

思い当たる方も多いと思いますが、かつて、高度経済成長下の日本では、

夫婦が一生懸命努力して稼ぎ子供の為にピアノを買っていました。

子供が独立すると、ピアノが花瓶置きや本棚のようになってしまっていることを知り、

タケモトピアノはそれを回収してリメイクし、東南アジアの教育施設に送るボランディア事業をしていたそうです。

 

財津さんも音楽が好き、ピアノも好きとあって、ピアノのリメイクは仕事のテーマとしていいと感じたそうです。

さらに、ボランディアということにも共感したようです。

 


 

1997年のCM撮影は、財津さんが脳内出血で倒れ、手術・退院して最初の仕事だったといいます。

そのため、手術で剃った毛が伸びず五分刈りだったそうです。

 

撮影に行ってみると、共演するのは関西の名ダンサーだったそうで、

財津さんもダンサーと一緒に踊ってほしいということだったようです。

財津さんは開頭手術をした後で、とても激しい動きができる状態ではなかったため、

振り付け師が、財津さんだけ当て振りでいきましょうと提案し、

「ピアノ売ってちょうだい」「電話してちょうだい」というあの動きを付けてくれたそうです。

で、やってみたらとても評判が良かった。と財津さんは語っています。

このような経緯であの振り付けが誕生したんですね。

 

「会社も成長して、CMもよく続いてね。もう今年で終わりじゃないかって思われてから何年も経っているんだけど(笑)。

いま僕は仕事していないので、僕の最低限の生活を守ってくれているのは、あのCMなんです。」

と語っていました。

 

財津さんは、今はわけのわからないCMが多いと言い、

「ひとつひとつの仕事を誠実にやっている会社のコマーシャルに出演したという意味では、わりと僕は恵まれていたと思います。」

と述べていました。

最後の主演映画になっている「ふたたび」のロケ地も、タケモトピアノ社だったということです。

 

スポンサーリンク

タケモトピアノ CM秘話:財津一郎さんの現在は?

財津さんは現在は芸能活動をされていないようですが、どのようにすごしているのでしょうか?

財津さんは脊柱管狭窄症になり、どうにもならないと言います。

自宅の階段も危ないそうです。

 

財津さんは85歳ですが、89歳になる奥様が、最近目の前でガシャーンと真正面に倒れたそうです。

頭は打っていないのですが、肩か腕辺りにヒビが入ってしまったようで、階段も上がれず身動きが取れないそうです。

 

「いま、どっちが先に逝くかなっていうゾーンに入ったと思っています。

いまはピアノのおかげで生き延びている。タケモトさんには感謝しています。」

と財津さん。

 

倒れた奥様の代わりに、炊事、洗濯、掃除、ゴミ出しと全てを財津さんがこなしていると言います。

それでヘトヘトだと。

 

また倒れてしまったという奥様にご飯を作るという財津さん。

「これは疲れるね。厨房で40分立って作るでしょ、それでヘトヘトになっちゃう。

女性ってのは、いかに厳しい仕事をしているかって分かったよ。」

 

「僕も人生最後の、ラストカーブを回ったからね。

ゴールははるか向こうに見えるから、ランナーならゴールまで突進するけど、僕は絶対急がない。

一日一歩、一日一歩と思い、最後の人生を味わっている感じです。」

と語っていました。

 


 

タケモトピアノのCMも新しいものに変えるとか、案は出ているようですが、

会長さんの意向で続いているそうです。

 

「タケモトさんには感謝しています。ピアノが生き返るっていうのは、素晴らしいこと。

ピアノは、人間を支える。音楽、ピアノの音が、人間をどれだけ助けているか。

そういう仕事に携われたっていうのは、本当に感謝しています。」

財津さんは最後にこう語っていました。

 

スポンサーリンク

タケモトピアノ CM秘話:ネットでの反響は?赤ちゃん泣き止む

ネットではとても大きな反響があるようです。

赤ちゃんが泣き止むという噂のCMでしたが、噂は本当だったのですね。

実際に泣き止んだというたくさんの投稿がありました。

財津さんのタケモトピアノのCMを、ずっと無くならずに続いてほしいと思っている方がこんなにもたくさんいるというのは、すごいことだと思いました。

「お元気そうで安心しました。私も娘が赤ちゃんの時にCD買って大変お世話になりました。実際に何度も泣き止んでくれました。」

「このCMに関してだけは、会社側も新しいものに変えるのはとても勇気がいりますよね。
私のようにこのCMにはいろんな思い入れのある人も多いと思うので。」

「新しく変えるほうがいいものと、
かわらないほうがいいものとある。
あのCMはずっと変わらなくていい。
財津さんのどこか軽くて飄々とした、だけど一流のエンターティナーっぷりが存分に生かされたCM。
あれをどう変えろというのか。
あのままでいいです。タケモトピアノ=財津さん。ごはんですよ=三木のり平さん
みたいなもんですわ」

 

「話し方に、頭の良さと品の良さが滲み出てる。
素敵な人だな。」」

「タケモトピアノの会長さんは素晴らしい方なのですね。このCMのおかげで自分の中では財津さんの印象は全く変わってません。」

 

「そうかぁ…財津さん、85歳なんですね。
タケモトピアノのCMは「赤ちゃんが泣き止む」で話題になって、それまでやってなかった関東でもCMが流れるようになって。
実際、姪や甥もあのCMで泣き止むので凄いな…と思いました。
財津さんが存命のうちはCMを変えないって会長さんが言っておられたけど、良い会社のCMに起用されたんだなぁ…と、改めてタケモトピアノの凄さを感じました。
そして、年上の奥さんを大事にされているご様子に、仲の良いご夫婦なんだな…と、ほっこりさせて頂きました。
あのCMが大好きなので、もっともっと長生きしてね~!と思いました。」

ヤフーコメントより引用

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました