バレンタインのチョコ!お返しはいらないと言われた場合どうする?

バレンタインのチョコ!お返しはいらないと言われた場合どうする?生活

2月になると、百貨店やお菓子屋さんでは多くのチョコレートが並びます。

男性にとっても女性にとっても、ドキドキの季節がやってきますね。

ですがこの時期には、バレンタインのチョコレ―トをもらったものの「お返しはいらない」と言われて、困惑する男性が多くいます。

一体、女性はどんな気持ちでお返しをいらないと言ったのでしょうか?

義理の場合は、気を遣わせないため。

本命の場合は、重く思われないため。

いろいろな理由が考えられます。

さっそく詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

お返しをいらないと言われたら?(バレンタインで)

「はい、チョコレート」

そう言って、バレンタインにチョコを渡されたら、ドキドキしてしまいますよね。

最近では友チョコや自分チョコを購入する人も多くいますが、やはり「本命なのかな」と思ってしまいます。

ですが、お返しはいらないと言われたら、どうでしょうか。

一体、女性がどんな気持ちでそう伝えたのか、考えてしまいますよね。

間柄の親しい関係であれば、「気を遣わせないために言っているのかな」と、何となく予想はできます。

ですが同僚やサークルの先輩・後輩の仲だったりすると真意はわかりません…。

わたしは女性ですが、男性に「お返しはいらない」と言った経験があります。

それは大学時代に入っていたサークルの男性に渡したときのことです。

理由は、他校であまり会う機会がなかったので気を遣って言いました。

バレンタインにチョコレートを渡した理由は、車で送迎してもらうなど、とてもお世話になっていたからです。

男女の仲というより、仲間意識が強かったので、気軽にチョコレートを渡しました。

ですが、男性はしっかりとホワイトデーにお返しを用意してくれて…。

申し訳ない気持ちと同時に、「しっかりとした人だな」と思った記憶があります。

その人とは結婚には至らなかったものの、社会人になってから結局お付き合いをすることになりました。

女性の中で「お返しはいらないよ」と伝える人は少なくありません。

それには、わたしのような「お返しをもらうのは気を遣ってしまう」という理由も考えられます。

続いては、お返しをいらないときの断り方のシチュエーションについてご紹介します!

スポンサーリンク

バレンタインのお返しの断り方について

バレンタインのお返しをいらないと伝えるときの断り方はいくつかあります。

また関係性やシチュエーションでも異なるので、自分のケースに当てはまるものがあるかチェックしてくださいね。

職場の場合

まずは職場の場合です。

たとえば、女性から男性上司へチョコレートを渡すシチュエーションで、お返しを断る場合があります。

「いつもお世話になっています。もしよかったら、もらってください」

そう伝えた後に、「普段の感謝の気持ちですので、お返しはいりません」

そういった断り方があります。

このケースは多くの場合、義理でしょう。

特に、女性社員からの合同チョコレートの場合、その可能性が高まります。

また大企業だと社内で働く人の数も多くいます。

上司が多くの女性からチョコレートをもらっているのではないかと思うと、お返しを断る方が無難に感じられます。

また義理の場合、高価でない場合もあるので、お返しをもらうのは忍びなく感じてしまうのではないでしょうか。

先輩・後輩の仲の場合

続いては、サークルの同期や先輩、後輩の仲の場合です。

この場合も、女性何人かから合同でプレゼントする場合は、義理の可能性があります。

「いつもありがとう、これもらってね。でもお返しはいらないよ」

そう言ったフランクな断り方の場合、気を遣わせないためにお断りしているかもしれません。

ただし、チョコレートが高価なものだったり、手作りだったりする場合は、もしかしたら本命の可能性がありますよ。

続いては、本命の場合をご紹介します!

バレンタインに「お返しいらないよ」は本命かも…?

バレンタインに、あまり高価なチョコレートでなかったりする場合は、義理の可能性があります。

「お返しはいらないです」と伝えた理由は、気を遣わせたくないからでしょう。

続いて、本命の場合です。

明らかに高価なチョコレートや手作りの場合は、本命の証かもしれません。

「お返しはいらないよ」と伝える女性の真意は、様々です。

  • ガツガツしていると思われたくない
  • 振られるのが怖い

と言った理由から、お返しを断っているのかもしれません。

その場合は、できればホワイトデーにお返しを渡してあげましょう。

もちろん、義理であった場合も、お返しをもらえると嬉しくなるものです。

きっと女性も喜びますよ。

スポンサーリンク

まとめ

 バレンタインのチョコをもらったときに、お返しはいらないと言われたときの、女性の気持ちをまとめました。

義理の場合や本命の場合で、理由は大きく異なります。

ですが共通するのは、できればお返しをしたほうがいいことです。

ちゃんとお返しをすることで「しっかりした人だな」「律儀な人だな」と思われるでしょう。

特に男性側も女性を気になっていた場合は、ホワイトデーに力を入れることをおすすめします!

タイトルとURLをコピーしました