水はけの悪い土での栽培(自然農)

栽培は簡単ですが水はけの悪い土では難しいインゲン(サヤインゲン)

投稿日:2019年10月9日 更新日:

こんにちは、つぶ です。

今回は水はけの悪い土では栽培が難しい、インゲンについてご紹介したいと思います。

サヤインゲンは何度も挑戦するのですが、ほとんどうまく行きません、というかほぼ全滅でした。

そのため栽培を諦めていたのですが、残っていたつるなしのサヤインゲンをまいた所、いくつかは育っていたので、

つるなしなら多少の期待はできるかもしれないと思っています。

 

※ 温暖地、日当たりは良好で、水はけの悪い土地での栽培です。

 

スポンサーリンク

インゲンの品種や性質:甘い煮豆も同じインゲン豆です

インゲンは、

  • 実の若い時にサヤごと食べるサヤインゲン(豆にしてもおいしいものもあります)
  • 完熟させて乾燥豆として豆を収穫するもの

に大きく分けられます。

豆を食べるものには、白いんげん豆、トラ豆、白花豆、金時豆、うずら豆、紫花豆などがあります。

他の豆類もそうですが、緑の野菜としてのサヤインゲンに、煮豆や、甘納豆や、白あんにと、インゲンにはいろいろな種類や食べ方があっておもしろいです。


 

サヤインゲンには、つるありとつるなしがあります。

そして形は

  • 平サヤ(穂高インゲン、越谷インゲン、モロッコインゲンなど)
  • 丸サヤ(ドジョウインゲン、八重みどりなど)

があります。

サヤインゲンは栽培期間が短く、関西地方では年に3度栽培できることから、サヤインゲンのことを三度豆とも呼ぶそうです。

サヤインゲンはとても育てやすい作物なのですが、枝豆とは違い、過湿や水に浸かる場所ではとても弱いそうです。

私の畑でも、このためにうまく行かなかったのだと思います。

水はけが悪くても落花生はなんとか育っているので、落花生は丈夫なのでしょうね。

 

サヤインゲンは20℃の清涼な気候を好み、高温は苦手です。

 

スポンサーリンク

サヤインゲンの栽培法:まき時に注意?

サヤインゲンの種は4月下旬辺りから7月までまけるのですが、

夏の30℃以上の高温化では、花が落ちたりサヤが小さくなったりと生育不良になるため、

収穫時期が高温期に当たらないようにするのが良いと思います。

せっかく植えても花が落ちてしまうのはもったいないので、4月下旬まきと7月下旬まきの2回にしています。

 

つるありインゲンは2~3mくらい伸びるため、支柱が必要です。

ツルムラサキと同様、つるに絡みついて伸びて行く感じです。

いつもと同じように周囲の草を刈り、植える所は鎌などで根を切って、30cm間隔で3~4粒ほどまきます。

育ってきたら2本に間引きます。

つるなしインゲンも同様です。

 

つるありインゲンは、収穫が始まるまで少しかかりますが、収穫期間も長いです。次々に花が咲いて実がなります

逆に、つるなしインゲンは収穫まで早いですが、収穫期間も短く、一斉に実をつける感じです。


 

インゲンの種採りは

丈夫に育った株の中で、形の良いものを収穫せずに残しておきます。

さやが枯れてきたら刈り取って、サヤごと乾かします。

種を取り出して、傷んでいるものを除いて完全に乾いたら乾燥剤を入れるか、冷蔵庫などで保存します。


 

インゲンはマメ科の作物なのですが、私の畑ではインゲンが育ちにくいので、根粒菌がどのくらいできるのかわかりません。

枝豆や落花生とは少し違うような気がするのですが、本を見るとインゲンも土を肥やすようです。

インゲンと相性のよい作物はいろいろありますが、私の畑ではインゲンが育たないためコンパニオンプランツとしては採用していません。

 

まとめ:つるなしインゲンなら水はけが悪い土でも栽培できるかもしれません

水はけが悪い(水に浸かる)畑では、つるありインゲンはかなり難しい作物です。

つるなしインゲンは、つるありに比べて栽培期間が短いため、うまくいくことがあるのかもしれません。

サヤインゲンは諦めていたのですが、つるなしサヤインゲンでまた試してみたいと思います。

スポンサーリンク

-水はけの悪い土での栽培(自然農)

執筆者:

関連記事

自然農の四角豆栽培

育てやすく夏の貴重な緑の野菜まだありました独特の姿の四角豆

こんにちは、つぶ です。 インゲン・ササゲに続いての豆つながりで四角豆をご紹介します。 栽培法はほぼ同じです。 夏の貴重な緑の野菜ですが10月まで収穫できます。   ※ 温暖地、日当たりは良好で、水は …

自然農の空心菜栽培

空芯菜(エンサイ・アサガオナ)は水はけの悪い土地に向いている作物です

こんにちは、つぶ です。 今回は、水はけの悪い土での栽培に適している作物、空芯菜のご紹介です。 最近はスーパーなどでも見かけるようになった野菜ですが、食べたことがありませんでした。 おととし試しに植え …

自然農のモロヘイヤ栽培

栄養満点のモロヘイヤはお味噌汁で食べると最高です

こんにちは、つぶ です。 今回はオクラに続き、ねばねばがおいしい、モロヘイヤです。   モロヘイヤは高温多湿を好むので、日本の夏の気候に合い育てやすいと言われますが、この畑ではなんとか育つと …

自然農のしょうが栽培

料理だけでなく、漢方に、飲み物に、たくさんの顔を持つしょうが

こんにちは、つぶ です。 今回の、水はけの悪い土でも栽培可能な作物は、しょうがです。 しょうが焼きに、紅しょうが、お寿司のガリ、すりおろして薬味に、スープや料理の香りづけに、・・・となくてはならない食 …

自然農のオクラ栽培

ねばねば丼もおいしいオクラの密植?栽培法

こんにちは、つぶ です。 水はけの悪い土でも育つおすすめの野菜として、今回はオクラをご紹介したいと思います。     オクラは、過湿に弱く、水はけのよい乾き気味の土が適し …