自然農は地球を救う?自然農でできること

こんにちは、つぶ です。畑(自然農)が大好きです。
 
自然農のある暮らしに憧れ、ご近所さんに土地をお借りしてから、10年以上経ちました。
 
日の出と共に、毎朝1~2時間、すぐ近くの畑に通っています。
 
今回は、自然農について簡単にご紹介したいと思います。
 
 
スポンサーリンク

ズボラな自然農をしています

家庭菜園で野菜を作ると、
 
草刈り、種まき、間引き、土寄せ、支柱立てたり縛ったり、収穫、収穫後の処理、種とり、保存、調理・・・など、たくさんの工程があります。
 
そして、いくつもの野菜を植えるため、これらが同時進行で行われます。
 
  • 気合い入れて早起きしたら雨だったり
  • 寝坊したり・・・ 
  • ずっと雨が続いたり(今年はまさにそうでした)
と、畑仕事は天候にかなり左右されて、思うように進みません。
 
やることが山積みなのに、気づいたら草ぼーぼーになっています。
 
 
このように、時間に限りがあり、天候にも左右されるため、とにかく抜けるところは手を抜く、ズボラな自然農を目指しています。
 
 

自然農に目覚めた理由は、ごみ問題?

私がそもそも自然農に目覚めたのは、25歳くらいの頃です。
 
そのころは、仕事が忙しく、1人暮らしの私は、毎日、コンビニで夕飯を買って帰ることが多くなっていました。
 
それまでがほぼ自炊だったため、あまりのゴミの多さにショックを受けました。とても罪悪感を感じました。
 
毎日、こんなにゴミばかり出して大丈夫なのだろうか?ゴミを減らせる方法はないのだろうか?と。
 
 
そんな時、たまたまテレビで見かけた自然農を見て(その時は自然農だということを知らずに見ていました)、自給自足のような生活に憧れたりしていました。
 
 
 
 
その後、腰を痛めてしまい、実家に暮らすようになったのですが、畑をしたい、という夢を諦めらませんでした。
 
自然農は、基本的には耕さない農法なので、腰が悪くてもできるはずだと思い、
 
散歩をしながら、畑を持っていそうなおばあさんに声をかけると、あっさり空いている畑を借りることができました。
 
その頃は、自然農はあまり知られておらず、少ない本で勉強していたので、「耕さないで放任でいい」と、かなり本気で思っていました。
 
その通りに植えてみたのですが、うまくいきません。
 
私が借りた畑は、貸して下さったおばあさんの畑の1部だったので、おばあさんとしては、草ぼーぼーというのが納得いかなかったようで(当然です)、
 
いつの間にか、草を刈ってくれていたり(ご厚意です)、
 
いつの間にか、違うおじさんが畑を占領していたり、・・・で、結局1年くらいで終わりました。
 
そしてまた、畑探しが始まり、今の場所に移りました。
 
 
スポンサーリンク

自然農とは? ズボラなのでおおざっぱにいきます

自然農を簡単に説明すると、無農薬・無肥料での栽培です(化学肥料も有機肥料も使用しません) 。

耕さない農法で知られていますが、耕す方法もあり、肥料は使わないけれど、堆肥を使ったり、・・・と、明確な定義はないようです。

自然農法、自然菜園、自然栽培など呼び方もいくつかあります。
 
私は、呼び方にこだわりはないので、ここでは自然農で統一させていただきました。
 
 
 
私が始めた頃は、自然農はまだ、あまり普及していなかったので、少ない本を手掛かりに、わくわくしながら栽培計画を立て、思いつく限りの野菜を植えました。
 
前の畑で、さすがに、耕さない放任栽培、というのは間違っているという事はわかっていたのですが、それでも全くうまくいきませんでした。

私がお借りしている土地は、周りをぐるりと田んぼの用水路に囲まれていて、
 
6~8月あたりは、かなりの確率で水が浸み込んでくるため非常に水はけが悪く、
 
野菜にとってはかなりの悪条件だったことが、大きな理由だったようです(実は、何年も経って気づきました)。


高畝にしたり、通路に緑肥ミックスを植えてみたり、植え付け前に少し掘り起こして空気を入れてみたり、・・・と、

毎年、色々試しましたが、個人でできることは無いという事にやっと気づき、現在は、このような悪条件でも、何とか育つ作物を中心に栽培しています。
 
 

自然農はすばらしい所だらけです

自然農は、
 
①無農薬、無肥料なので、
    • 安全で、丈夫で、栄養たっぷりで、生命力に満ちた野菜が採れます
    • お金がかかりません
    • 土や水を汚しません
    • たぶん、虫たちも居心地がよいと思います
② 腰痛持ちや、高齢になっても続けられます。 
    • 野菜の生育の妨げになる場合にしか雑草を刈らないこと
    • 基本的には、土を耕さないこと(個人的には、土を耕した方がよい場合もあると思っています)
    • よっぽどのことがない限り、水やりの必要がないこと
により、自然農は、腰への負担が少なく、腰痛持ちや、高齢になっても続けられると思います。実際、腰が悪い私でも、ここまで続けることができました。
 
 
③ゴミが減らせます(お惣菜のゴミ、野菜の包装紙、など)。
 
④種採りまで行えば、年々、その土地に合った品種になっていきます。
 
 

まとめ:やっぱり自然農はすばらしい

現在、私の畑では、限られたものしか育てることができませんが 、安全で栄養たっぷりの野菜が食べられるというのは、とても良いことだと思います。
 
実際は、日々の暮らしに追われて、ごみ問題や、環境問題などを意識しながら生活しているわけではなく、
 
家庭菜園のレベルなので、土や水をきれいにできるのも、ほんのわずかだと思うのですが、気楽に、気長に、これからもズボラな自然農を続けていきたいと思います。
 
 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました